取得した資格をパートに活かすには

MENU

パートが支える労働構造

取得した資格をパートに活かすには 企業は正規雇用の人材をできるだけ減らし、非正規雇用で人を確保するようになりました。かつては会社に就職するといえば、正社員として雇われるのが当たり前という感覚でしたが、今はもうそういう時代ではなくなっています。一番の理由は人件費を抑制するためですが、非正規雇用の場合、少ない人件費で人員をぐるぐる回すことが可能になるため、企業としての営業時間や就業時間を長く設定することが可能であるというメリットがあります。有効に人を回転させるには、時間給で働いてくれるパート社員が最適であるのは間違いありません。

一方で、働く側のニーズも変化してきました。家庭にいた専業主婦を労働の場に引っ張り出したい政府の思惑があるとなれば、専業主婦をしていた人も社会に出るきっかけになります。短時間からでも雇ってくれるところが増えれば、少しずつ仕事をする感覚を取り戻せますし、一日のうちの数時間なら、仕事が大変でもそれなりに頑張れるのではないでしょうか。さらに超高齢化社会へと突き進んでいる今、介護による離職も増えてきました。一度離職しても、介護をしながらの生活パターンを築くことができれば、パートでならまた仕事に戻ることも可能でしょう。

オススメサイト